New Longさんの日記

(Web全体に公開)

2017年
04月18日
23:36

有什麼不同?

有的鄉下人住在東京幾年也還有口音,但不都是。
有的華人住在日本幾年也還把清音和濁音混同,用格助詞得亂七八糟,也不都是。
為什麼呢?為什麼呢?

訛りが何年経っても抜けない人もいる。
直ぐに、その土地の訛りに染まる人もいる。
何年経っても清音と濁音を間違えて書く華人がいたり、何年経っても、格助詞の使い方が下手な華人は多い。でも、ほぼ正しく使えている華人もいる。

何故でしょう?何故でしょう?

コメント

2017年
04月19日
17:10

1: lilian

そうですよね。本当に何故なんだろと思います。
わたしは関西の方とは、一言二言話すだけですぐに関西人と分かりますが、過去2人だけまったく分からない人がいました。
2人に共通していたのは大学が関東で10代で上京しています。やはり10代という若い時から環境を変えると頭も柔軟なせいか言葉もすっかり変えられるんだなと思いました。
中国の方では、日本に何年も住んでいるのになかなか日本語が上手くならない方もいますが、逆に、助詞の使い方か完璧なためか、中国人と分からない人もいます。
最近の中国の若い方々は子供の頃からネットやテレビで日本のアニメや動画を観て育っているようですから助詞も上手な人が多くて驚きます。
やっぱり言語は、一歳でも若い時から関わる事と、情報量の違いとかで差が出るのでしょうか?
あとこれは自分の思いこみですが、大人になってから外国語を学んだ場合、俗に言う『頭のいい人』はマスターも早いなと感じています。

2017年
04月19日
21:08

年齢は大きな要素では無いと思いますよ。
性格とか(素直な方が早い)、物事の捉え方と言う面(いわゆる賢い方が早い)と言うのもあるようですが、それだけでもないみたい。

2017年
04月19日
22:24

@lilianさん アタイの事ですかい?関東に行くと関西弁何か全然出まへんわ〜〜

概ね女性のほうが語学に向いていますね。上海の娘はコミック「スラムダンク」に触れてから小学校3年で日本語を習い始め、今は東京でもう7年目ですが、地方の人と話していれば中国人と判らない様になりました。

上海外大で覚えた日本語より普段から日本語に触れる量が圧倒的に多かったせいも有るかも知れません。昔はまんがばっかり読んでると嫁が叱ってましたが、それが功を奏するとは〜〜〜

2017年
04月20日
01:04

でも、普段からテレビで共通語を聞ける機会が圧倒的に多いはずの一部の地方人で訛りが消えない人がいるのも事実で謎なのです。ほとんど物心つく頃からテレビ見ているでしょう?

ちなみに日本でも実は、アクセントだけじゃなく、発音と言うか、発声の仕方が違います。と言っても信じない人も多いでしょうけど、、、

:

みなさんのkanichi。

2017/1  参加メンバー 45000名 です。

最近のkanichi。